mark.jpg17_TOP_logo.jpg浜松HACCPロゴ_小.jpg

menu_spacer460-5.jpg

image18b.jpg

HOME > 濱松絹しぼり

絞り不要の加工食品用

レトルト釜加工の「絹ごししぼり」

他の絞り豆腐に比べて柔らかく、
口当たりが滑らかで高齢者やお子様にも食べやすい、
のど越しのつるっとした業務用絞り豆富です。

濱松絹しぼり_6382.jpg









他の豆腐業者では製造していない、レトルト釜を使用した無菌絹ごし絞り豆富です。
通常の加工用の豆腐は、水分を絞る時にかなりの時間をかけて作業をする為、雑菌の増殖の問題が常に発生します。また絹ごし豆腐は水分を絞れない為、木綿豆腐を使用しますが、ボソボソとのど越しがよくないなどの短所があります。
丸守の「濱松絹しぼり」は、レトルト釜を使用し、加圧加熱殺菌したうえで、豆富の水分を絹ごし豆富でも抽出する事に成功し、約1ヶ月間無菌状態で保存できる、加工用絹ごし絞り豆富を完成させました。

栄養成分表示(100gあたり)
エネルギー95kcal/たんぱく質8.8g/脂質5.2g/炭水化物3.2g/
ナトリウム3mg(食塩相当量0.0g)分析機関:株式会社 日本食品機能分析研究所

濱松絹しぼり製造工程
レトルト加工(100℃・60分)で滅菌加工した豆富のため、衛生的に高い安全性があります。
豆乳濃度13%の豆富を使用する事で、レトルト加工しても豆富本来の甘味と風味を保っているのが特徴です。
固形分率約15%の豆富を、離水によって19%まで高めていますので、そのまま豆富ハンバーグや、白和え、いり豆富等の材料に使用いだだけます。

_R2_4532.jpg一丁一丁、丁寧にレトルト袋に詰めます。arrow_s.jpg_R2_4662.jpg真空パックにします。arrow_s.jpg_R2_4676.jpgレトルト釜で加熱殺菌します。arrow_s.jpg_R2_4677.jpg冷水で冷やします。

濱松絹しぼりを使った、大豆の風味を生かしたレシピ
丸守自慢の絞り不要「濱松絹しぼり」を、そのままざるに移すだけで水切り終了。

レシピハンバーグ_6335.jpg
豆腐ハンバーグ

◎材料(約12人分)
 濱松絹しぼり:1袋(1kg)
 鶏ひき肉:600g
 ひじき(乾燥):15g
 にんじん:2/3本
 れんこん:200g
 玉ねぎ:1/2個
 塩:大さじ1
 かたくり粉、サラダ油、
 長ネギ、大根のすりおろし、
 ポン酢醤油:各適量


濱松絹しぼり1パックで約12人分出来上がります。

◎作り方
①丸守自慢の絞り不要「濱松絹しぼり」をそのままざるに移すだけ。
②ひじきはたっぷりの水に入れて洗い、もどし、水を切り
 食べやすい大きさにきざむ。
③にんじん・玉ねぎはみじん切りにし、
 れんこんは粗めのみじん切りにし酢水にさらす。
④濱松絹しぼり・ひき肉・ひじきと③をボウルに入れ、塩を加えて
 粘りが出るまでよく混ぜ、12等分にして両手でキャッチボールを
 する様にして空気を抜き、楕円形にする。
⑤焼く直前に④にかたくり粉をまぶし、サラダ油を熱したフライパン
 で両面に焼き色をつける。(蒸し焼きにしてもおいしく頂けます)
⑥最後におろし大根・長ネギを添え、
 ポン酢醤油をかけて出来上がり。

レシピ白和え_6368.jpg
ほうれん草の白和え

◎材料(約20人分)
 濱松絹しぼり:1袋(1kg)
 ほうれん草:3把
 にんじん・しめじ:各200g
 パプリカ:2個
 こんにゃく:5枚
 すり白ゴマ:大さじ10
 砂糖:大さじ10
 薄口醤油:大さじ10


濱松絹しぼり1パックで約20人分出来上がります。

◎作り方
①丸守自慢の絞り不要「濱松絹しぼり」をそのままざるに移すだけ。
②ほうれん草は茹でて水にさらし、3センチ程にカットし、
 水気をよく絞る。
③アク抜きしたこんにゃくを細切りにし、にんじん・パプリカを
 きざみ、しめじは、大きいものは半分にした後、
 塩少々を加えた熱湯で茹でる。
④濱松絹しぼりを粗くつぶし、すり白ごま・砂糖・薄口醤油を入れて
 混ぜる。
⑤ほうれん草・にんじん・しめじ・パプリカ・こんにゃくを入れて、
 和えれば出来上がり。

yun_12652.jpg
ゴーヤチャンプルー

◎材料(約12人分)
 濱松絹しぼり:1袋(1kg)
 豚バラ薄切り肉:350g
 しょうゆ:大さじ1
 酒:大さじ1
 ゴーヤ:3本
 卵:5個
 ごま油:大さじ6
 塩:適量
 削り節:3パック


濱松絹しぼり1パックで約12人分出来上がります。

◎作り方
①丸守自慢の絞り不要「濱松絹しぼり」をそのままざるに移すだけ。
②豚肉は3㎝幅に切り、しょうゆ、酒をからめる。
③ゴーヤは縦半分に切り、中の種とわたをスプーンでくり抜く。
 3~5㎜程の厚さで薄切りにし、塩で揉み込む。
④フライパンにごま油を熱し、ゴーヤを入れて素揚げする
 ように炒める。火が通ったら取り出しておく。
⑤フライパンにごま油を足し、豚肉を炒める。豚肉の色が
 変わったら、ひと口サイズにちぎった濱松絹しぼりを
 加えて焼きつけるように炒め、ゴーヤを戻し、
 溶きほぐした卵を回し入れて大きく混ぜ、
 削り節をふってひと混ぜしたら出来上がり。

レシピコロッケ_6333.jpg
豆腐入りコロッケ

◎材料(約20人分)
 濱松絹しぼり:1袋(1kg)
 じゃがいも:20個
 玉ねぎ:3個 
 合いびき肉:600g
 ナツメグ:適量
 塩、こしょう:各適量
 小麦粉:適量
 溶き卵:5個分
 パン粉:適量
 揚げ油:適量 パセリ:適量


濱松絹しぼり1パックで約20人分出来上がります。

◎作り方
①丸守自慢の絞り不要「濱松絹しぼり」をそのままざるに移すだけ。
②じゃがいもは洗って皮つきのままラップで包み、電子レンジ
 (500W)で10分ほど加熱する。玉ねぎはみじん切りにして
 ラップで包み、電子レンジで5分ほど加熱する。
③じゃがいもは皮をむいてつぶし、ボウルに入れる。
 合いびき肉、濱松絹しぼり、玉ねぎを加えて混ぜ、
 ナツメグ、塩、こしょうで味を整える。
④③を適当な大きさにして丸め、小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣を
 つけ、180度に熱した揚げ油で揚げる。
⑤器に盛り、パセリなど、色付けを添えて出来上がり。